Contents

STORY

公益財団法人久留米文化振興会

石橋文化センター CI

1956年、株式会社ブリヂストンの創業者・石橋正二郎氏より福岡県久留米市に寄贈された石橋文化センター。季節ごと美しい花々が咲き誇る園内には、美術館や図書館など文化施設が集まり、「世の人々の楽しみと幸福の為に」という創業者の熱い想いが隅々まで行き届いています。

石橋文化センター 全景

2016年、久留米市美術館の開館を機に、「石橋文化センターをひとつのミュージアムと捉えた活動」を推進する新たなCIが導入されました。AXISはブランドステートメント、ロゴマークの開発、ステーショナリーや看板、ウェブサイトに至るまで、様々な媒体を通して、イメージの統一化をはかりました。

ブランドステートメント

「世の人々の楽しみと幸福の為に」という理念を、訪れる一人ひとりの視点から解釈するステートメントを制作しました。

楽しみと幸福の時間。

楽しい気持ちは、きっと幸福につながるでしょう。
楽しい瞬間がたくさんあるほど、幸福な毎日と言えるでしょう。

変化に富んだ庭園とともにある、美術、音楽、図書。
ここ、石橋文化センターを訪れる人は
足を運ぶにつれ、異なった楽しみに出会います。
花々の美しさや、創作、アートをテーマにしたイベントに参加して、
浮き立つような楽しみをおぼえます。

1956年、石橋文化センターを建設・寄贈した石橋正二郎は、
正門の石碑にこう記しました。
「世の人々の楽しみと幸福の為に」。
私たちはその想いを受け継いで、ここ久留米の地で、
訪れる人の楽しみと幸福のある時間を創っています。

ロゴマーク

美術や音楽、文学、そして、美しい庭園のある文化の殿堂として、新しさと普遍性を両立したもの。石橋文化センターを象徴するマークは、一体どのようなデザインになるのでしょう。

イメージとしては「品格、美しさ、楽しさ、明るさ」、機能としては「耐久性、展開性、国際性」。これらを兼ね備えたものとして、下記のデザインが候補にあがりました。

石橋文化センター ロゴマーク案

決定案は、正門石碑のマークを現代的にアレンジしたデザイン。コンセプトは「むすぶ」。美術や音楽、文学など様々な文化の結合、これまでの歴史の未来への継承、そして人々と文化を「むすぶ」イメージを「ISHIBASHI CULTURAL CENTER」の頭文字「ICC」と、統合や太陽を象徴する正円の重なりにより視覚化しています。

人を象徴する頭文字の「I(私)」を円の中心に、2つの「C」は奥行きをもって配置しています。来園者一人ひとりのための施設であること、そして、変化に富んだ庭園の風景と、来園者の弾む心を表しています。

石橋文化センター CI
石橋文化センター CI

ステーショナリー

ロゴが決定してから、名刺、ショッパー、ポスター、施設サイン、情報誌、ウェブサイトに展開していきました。

石橋文化センター ステーショナリー
石橋文化センター ショッパー
石橋文化センター 久留米市美術館看板久留米市美術館 看板
石橋文化センター 正門石橋文化センター正門
石橋文化センター 館内案内図石橋文化センター 館内案内図
石橋文化センター 西鉄久留米駅 誘導看板西鉄久留米駅 誘導看板
石橋文化センター JR久留米駅 構内看板JR久留米駅 構内看板
石橋文化センター 園内パンフレット園内パンフレット
石橋文化センター 園内パンフレット
石橋文化センター 情報誌情報誌
石橋文化センター ウェブサイトトップ画面ウェブサイトトップ画面

CREDITS

Client 公益財団法人久留米文化振興会
Art Director 渡辺一人(AXIS)
Designer 渡辺一人、森川雅仁、新田裕樹、山崎達陽、大内康太郎(AXIS)
Planner, Copywriter 稲本喜則(AXIS)
Web Planner 出原俊邦(AXIS)
Web Designer 松野睦(AXIS)